脂肪肝に良いタウリンとは

「ホタルイカが肝臓に良い」ということがテレビ番組で紹介されたとき、脂肪肝に関する検索が急増したそうです。いかに脂肪肝に悩んでいる人や脂肪肝を気にしている人が多いかという表れといえます。

 

気にしている脂肪肝を美味しく食べて改善できるとなれば、それはもう大勢の人が飛びつくのも当然すぎるほど当然です。

 

ホタルイカがなぜ肝臓に良いか、それは肝臓に含まれている「タウリン」のおかげなのです。

 

タウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を排出して肝臓の機能を蘇らせてくれるのです。

 

タウリンの中に含まれているアミノ酸がこの働きをしてくれるのですが、タウリンのアミノ酸は、アミノ酸の中でも特に優れている「含硫アミノ酸」なのです。

 

このタウリンは、イカやタコに多く含まれていますが、魚貝類や海藻類に多く含まれています。

 

タウリンを含むサプリメントが多く販売されるようになりましたが、タウリンには、肝臓に良い効果を与えることがたくさん報告されています。肥満に悩む人や脂肪肝が気になる人、あるいはすでに脂肪肝になってしまって改善の努力をしている人たちに愛飲されています。

 

それらに加えてアルコールの分解をする肝臓を保護してくれるタウリンは、アルコールが好きな人たちにとっても救世主のような存在になっています。

 

私は糖尿病ですが、タウリンは糖尿病にも効果があるので、カレーはいつもシーフードカレーです。なかでもイカが大好きなので、イカのシーフードが多いですが、「美味しく食べて健康に!」と思いながら食べています。

 

効果がある!と信じる気持ちがタウリンの効果を高めますが、これは気のせいではなく事実ですよ。^^;