脂肪肝とは

脂肪肝は、食べ過ぎや飲みすぎなど、まさに脂肪分の摂りすぎたことで起こります。そのため、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった状態を脂肪肝といいます。肝臓の肥満症とも言える状態が脂肪肝なのです。

 

特に品質の悪い油を使って調理したものは肝臓に溜まりやすく、それは一旦はいしゅつされますがそれをまた、腸で吸収すると「腸管ループ」となり、脂肪肝は改善されにくくなります。 

 

ここ数年、脂肪肝が男性では30代〜40代を中心に増えつつあるといいますが、女性の場合は、40代以降の女性の増え方が凄いといいます。ただし罹る率はやはり男性の方が多いです。

 

困ったことに、肝臓に中性脂肪やコレステロールが溜まった脂肪肝は、様々な疾病を引き起こします。動脈硬化など、活習慣病を招いてしまうのが脂肪肝です。

 

また脂肪肝は、食べ過ぎだけではなく、過度の飲酒でも肝細胞に中性脂肪を溜めて脂肪肝となります。アルコール性の脂肪肝の場合は、肝硬変に進む可能性が大きいのがアルコール性の脂肪肝です。

 

よく勘違いされるのですが、見た目が細くても脂肪肝と診断されることもあります。脂肪肝=肥満ではありません。脂肪肝は内臓の肥満であり見た目とは関係ないのです。

 

肝臓の病気は症状がない、サイレントキラーと言われます。しかし、脂肪肝と診断された後になって、異常な疲れを感じたり、食欲がなくなったのは脂肪肝のせいだったのかと、思い当たることが多く出てきます。また、症状が進んでくると黄疸が出たりします。

 

常に自分の体の変化には耳を傾けるようにすることをお勧めします。