脂肪肝を招く肥満

脂肪肝にとって一番の大敵は肥満です。食べ過ぎでなってしまう肥満は体に脂肪を付けて、肝臓に中性脂肪を付けて脂肪肝となってしまいます。

 

そこで、肥満を予防するには何と言っても食べ過ぎないことなど、食生活での改善が一番効果があるのですが、その他にも運動などいろいろ方法があります。

 

ことさら特別なことしなくても、高カロリーの飲み物を控えるとか、夕食はできるだけ早めにすませ、寝る2時間前は何も摂らないようにして肥満を防ぎます。寝ている間はカロリーが消耗されないため、食べたものがみんな体に蓄えられてしまって肥満の原因になってしまいます。

 

このようのちょっとした自分の生活の習慣を見直して改善することも肥満の予防につながります。

 

また、あるところに「肝臓を労わる生活習慣」というのが紹介されていましたが、これは肥満を防ぎ脂肪肝を防ぐ大事な事ばかりですのでご紹介します。

 

まずは【ストレスをためない】ということですが、ストレスが肝臓に負担をかけるメカニズムは、ストレスを感じると血管を収縮させ、血液の流れを悪くします。そして血圧を上げて肝臓に負担をかけます。

 

そして、【過度な運動を避けて、軽い運動をすること】と、紹介されていました。過去には肝臓が悪くなるととにかく安静が第一でしたが、今は軽い運動は肝臓の回復に役だつことがわかっています。

 

【便秘を改善する】ということも大事で、便秘もそのままにしておくと肝臓にも悪影響を及ぼします。もちろん【過度のアルコール】は厳禁です。

 

【食後は横になる】ことも大切で、横になることで消化を助け、血液が肝臓にしゅうちゅうするようになります。【規則正しい食生活】肝臓病の食生活の基本は3食をきちんと食べることです。

 

以上、脂肪肝の解消のためにも、肥満の解消のためにも、このような生活習慣を実践してみることをお勧めします。