脂肪肝について

肝臓は、肝心要と言われるように、臓器の中でも重要な役割を果たしています。

 

肝臓の病気というと断然男性が罹っている場合が多く、そして、お酒と結び付けてイメージしてしまいます。

 

しかし、最近は女性の脂肪肝が増えているというのです。脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まった状態で、肝細胞は少々おバカさんなので、栄養状態が良いときにどんどん溜めこんでしまうそうなのです。

 

お酒を飲み過ぎているおやじ

肝細胞が必要以上に溜めこんでしまうということを思う時、女性の脂肪肝が増えていることがなんとなくわかるような気がします。

 

次に書くことは、あくまでも私個人の考えなのですが、女性の方が男性より代謝が少ないので、男性よりもエネルギーを必要としません。なので、女性が男性並みに食べていたら、おバカさんの肝細胞はどんどん脂肪を溜め込んで、結果脂肪肝になる!という図式が成り立つと思います。

 

この考えは当たらずとも遠からずと思っています。なので、女性のみなさんは食べ過ぎに注意する必要があるようです。

 

昔の女性から比べたら、現代の女性は動かずにすんでいます。昔の女性の家事ときたら、ハンパではありません。

 

家族の着るものまで手で縫っていましたから、昼間家事をやって、夜縫物をするという状況でした。よく、昔の人の手記の中にも「夜中にトイレに起きれば、昼間休みなく働いてた母親が縫物をやっていて、母親はいつ眠るんだろうと思っていた」というようことが書いてありました。

 

動きに動いている昔の女性は、肝臓に余分な脂肪など溜め込む余地はなかったと思われます。それに今ほど栄養を摂っていないこともあります。そういう昔の女性から比べたら、現代の女性に脂肪肝が増えているということが、妙に納得がいきますよね。^^;

 

とにかく、脂肪肝を防ぐには食べ過ぎないこと、お酒と肝臓病が直結しないと言っても飲み過ぎないことに尽きると思います。

 

そして、運動が大事です。適度に運動をしていると余分な脂肪を肝臓に溜めこむことも防げます。健康を守るための方法はごくシンプルだと言われますが脂肪肝にもそれが言えます。

 

そして、肝臓を悪くしても症状が出ないと言われますが、全く出ないわけではないのです。例えば肝臓を悪くすると異常な疲労感があります。

 

しかし異常な疲労を感じても、「ここのところ仕事がきつかったからそのせいかな?」と思ってしまったり、「年を取ったら少しのことでこんなに疲れる」と見過ごされがちです。

 

 

肝臓に良いサプリ

 

肝臓にちょっと不安のあるという方は、肝臓に良いといわれるサプリも飲んでみるといいかと思います。

 

私の個人的におすすめできるのは、カゴメが発売しているスルフォラファンというサプリメントです。

 

スルフォラファン公式サイト


スルフォラファンというのは、ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウトに多く含まれる健康成分のことです。

 

このスルフォラファンには肝臓の解毒力を高めてくれる力があるので、肝臓に不安を持っている方は、このサプリを定期的に飲んで、肝臓の働きを高めておくのがいいと思いますよ。

 

肝臓にいい食べ物として、しじみやレバー、牡蠣という食べ物があげられると思いますが、こういう食べ物って鉄分もたくさん入っています。

 

この鉄分というのは、肝機能があまりよくない人が必要以上に取ってしまうと、肝細胞内にたまって活性酸素を発生させてしまい、より肝機能が悪化してしまうらしいのです。

 

ということはしじみやレバー、牡蠣から作られているサプリメントってどうなの?って感じがするので、私はスルフォラファンのほうがいいと思います。もともとが野菜ですからね。

 

しかも、よくわからない聞いたことのないような会社が作っているのではなく、カゴメが作っているというのが安心感もあっていいですね(^◇^)

 

 

≫カゴメのサプリ「スルフォラファン」の詳細はこちら

 

 

旦那が脂肪肝と診断

 

私が脂肪肝に興味を持つようになったのは、旦那が脂肪肝と診断されたのがきっかけです。

 

うちの旦那は高血圧なので定期的に病院に通っていて薬を服用しています。その病院で時々血液検査をするのですが、そこで脂肪肝と診断されたのです。

 

ガンマGTの基準値が86以下となっているのに、旦那は95と高くなっていたのです。AST(GOT)は基準値8〜38のところ41、ALT(GPT)は基準値4〜43のところ54と肝臓に関するどれもが基準値よりも高くなっています。

 

お腹に脂肪もたくさんついていて明らかに肥満ですしね。

 

それがきっかけで脂肪肝についていろいろ調べていると、脂肪肝というのは怖い病気なんだなということが分かってきたのです。

 

旦那の場合、まずはダイエットして体重を減らすことが何より大事だなと思ったので、朝早く起きて一緒にウォーキングを始めたのと、野菜中心の食生活に変更しました。

 

お酒も大好きで毎日飲んでいるような人なんですが、一般的に言われているような週に2日は休肝日をもうけさせるようにしました。強制で!

 

毎日飲んでいたお酒なので、週休2日でもかなりつらそうでした。私からすれば、5日は飲めるわけだから大したことないと思うのですが…。

 

まあ、こんな感じで過ごしていると、3か月後には5キロほど減量できて、血液検査の数値も基準値に収まるようになっていました(^^)/

 

調子に乗って元の生活に戻してしまうと、また数値も悪いほうに戻ってしまうので、この生活は続けていこうと思います。